CATEGORY はいぱーどろっぷきっく

中出しエロ漫画 生活保護申請に来た夫婦にNTR依頼された話

私の名前は棚端詩織(たなばたしおり)。
夫は棚端幸彦(たなばたゆきひこ)。
運命のように七夕の織姫と彦星の字が入っている幸せな夫婦でした。

私と夫が出会ったのは15年前。
成人式で声を掛けられたのが始まりだった。
その頃の夫はやる気に満ちていて、自分の夢をよく語るひたむきな人だった。
結婚して30歳を超えたあたりから、夫の職場が傾き始めた。
更に不運が重なり、夫は病に倒れた。
私たちの生活は限界を迎えた…。

夫は生きる気力を失った。
私はどうなってもいい…何を犠牲にしても夫の本心を確かめたい。
本当に私はどうでもよくなってしまったの…?
本当の気持ちを知るためなら、私はなんだって……。

※本編40ページ
※サンプルと実データでは修正が異なりますがご了承ください。