CATEGORY 淡白・あっさり

中出しエロ漫画 全く愛を隠す気のない毒舌クールエルフさんと事務的ベロチュー子づくりする音声

□あらすじ
あなたは目が覚めると女性エルフだらけの国にいました。
念願の異世界ハーレムを築けると思いきや…超絶口の悪いクールエルフさんに目を付けられ、事務的ベロチュー子作りすることになりました。
ただし、全く愛を隠す気はない模様…。
子孫繁栄のためとか言っておきながらどんどん態度が純情になっていきます。
ゴミチ〇ポ呼ばわりした後にベロチューしてくれるエルフさんと少しずつ愛を深めていきましょう。

◇トラックリスト(SE差分あり:1時間23分)
0.イントロ(2:58)
「ふうん、目が覚めたら大自然の中…元の世界はニンゲンだらけの場所。
今ので大体分かりました。
つまり転生してきたんですね。
はあ、エルフの知識を舐めないで下さい。
人間界のことなんて、ほぼ全て把握してるので。
大図書館に行けば人間社会の掟…規則…科学技術の発展…最新の資料を一瞬で検索できます。
まあそんなことよりも、治癒魔法の構造を研究したり、もっと大事なことに時間を使うべきですが。」

1.人間への愛が隠し切れないセックス:対面立位(19:22)
エルフさんの家にて、子孫繁栄のために仕方なく、事務的ベロチュー交尾することに。
前半:ゴミチ〇ポ呼ばわりしてきたり、嘘喘ぎで煽ってきます。
後半:仕方なく、事務的にベロチューしながら中出しさせてくれます。

2.チンピクするたびに回復魔法で癒してくれるエルフさん:ベロチュー騎乗位(15:27)
大自然の中で、エルフさんに馬乗りされながら罵倒ベロチューセックスします。
「ここはエルフの泉…裸のエルフたちが心とカラダを清める場所です。
…何か妄想してますよね、きも。
いきなりチンポ勃起させないでください。
神聖な空間が汚れます。
ほんと、性欲見え見えの下品なチンポですね。
ほら、この透き通った泉を見て下さい。
きったないチンポが水面に浮かんでます。
このままだと泉が穢れるので、離れて下さい。」

3.添い寝ベロチューしながら事務的ラブハメ子作り:密着騎乗位(15:30)
大自然の中でまったり焚火しながら、赤ちゃん扱いしてくれるエルフさん。
「ねえ…いつまでそうやって…むぎゅうって…してるつもりなんですか….。
…誰が好き好んであなたなんかと抱擁するんですか。
ん….っふう…っはあ….もう…ほんと、しょうがない変態ですね。
んっんうう…..っふう……んう。
は、ママみ感じるとか…きも。
何図々しく赤ちゃんプレイ要求してるんですか。
こんだけ潮対応されて、どこにママ要素あるんですか。
こちらは拒絶オーラ全開なんですけど。
….っはあ…ほんと無理。
大自然の中で良い年こいた大人がばぶばぶ甘える構図…客観的に見たらどれだけキモいか。
誰かに見られたら社会的に死にますよ。
ほんとにするんですか、赤ちゃんごっこ。
…はいはい、しょうがないですね。
ほら、添い寝しながら勝手にヘコヘコ頑張りまちょうね、ドマゾの変態。」

4.あまあま全身ホールドしながら事務的ベロチュー子作り:対面座位(14:03)
大自然の中で、ゆったり鳥のさえずりを聞きながら、毒舌ベロチュー子作りします。
「ん…ふわあ…おはようございます。
で、さっそく朝からチンポ半勃ちさせてますけど…。
あれだけ出しといて、なんでこんな復活早いんですか。
ログインボーナスみたいにチンポ勃起させないで下さい。
うわきも…言ったそばからビキビキにさせてるし」

5.搾精ラブハメ契約:正常位(15:54)
なんだかんだで純情なクールエルフさんと結ばれるまで、毒舌ラブハメ子作り。
「んうう…えれれ、えれれれれ….んれろちゅぱあ…んちゅぱれろお….んうう…っはああ…んうう…んむう…。
なんですか…こんな…純愛っぽい雰囲気作ってきて。
恋人のつもりですか。
勘違い野郎は死んでください…。
あなたに求めてるのは精子だけです。
だから…早く挿れて下さい。」

■セリフ集
「んっはあ…んうう…。
んう…っは….腰が当たるたび、陰毛が擦れて不快です。
手入れ、ちゃんとやって下さい。
んっはあ…んううう…何しれっと陰毛の色聞いてるんですか、変態。
んうう…っはあ…白寄りの銀色ですけど…いつも丁寧に剃ってますから。
あなたと一緒にしないで下さい。
んっはあ….ちょ…いきなり中で膨らんで…んう。
何ですか、陰毛の色で興奮したんですか、変態」

「んはあ…んうう….。
んっっ…はあ…んう…っふう……。
うわ…カウパーですよね、これ。
ぴゅくうって…中で漏れてますよ。
清純なエルフをチンポで汚して、気持ちいですか。
んう…ああ、ほんときも…。
人間のオスなんて、所詮は動物ですね。
エルフの高潔さに比べたら低俗すぎて反吐が出ます。
気持ち悪いので、さっさと終わらせて下さい」

「んっ…っはあ…….んうう……。
んっっ……うわ…….トロ顔きもっっ……..。
んう……..んは………..んっっ………。
ほんと….ラッキースケベチンポのくせに….だらだらエロ汁垂らして…..。
エルフ様の清楚おまんこ汚すの….そんなに好きなんですか。
っはあ…..んうっ…….っっく………んっっ……またぴゅくぴゅくしてますよ。
馬鹿にされながらヘコヘコするの….チンポにきちゃうんですかね。
はあ….ドマゾの変態が。
んっっ……んっふう……..んっっあ…..んう。
いいですよ….適当にあしらいながら….あんあん喘いであげますから……さっさと出して下さい。」

「…こんなクソ雑魚ヘコヘコピストンごときで….ほんとに感じてると思いましたか。
ほんとっぽく喘いでるだけですから。
いちいちチンポびくびくさせないで下さい…早漏マゾチンポが」

「んっっ…..うわ….なに舌突き出してべろべろ動かしてるんですか….きっしょ。
ほんと生理的に無理…..。
気高きエルフが、そんな気安くベロチューしてくれると思ったんですか。
なんかそれっぽい雰囲気作ろうとしないで下さい。
子孫繁栄のために、人間とエルフの子が必要なだけです。
異世界で会ったエルフさんとイチャイチャだいしゅき子づくりセックスみたいなファンタジーを期待しないで下さい。
んっっ……はああ….っっちょ……..んうっ…..そんな湿っぽい顔して…….。
ん…ちょっと言い過ぎたかも…..です。
んっはあ……んっふう……..んうう…….。
んう….れええええええ…..ほら….。
舌、出して下さいよ。
言っときますけど…さっさと子種汁を発射させるためなので….余計な勘違いはしないで下さい。
んっっ……..はああああむ….んううう…..。
んっれろちゅう….れろちゅうぱあ….んちゅうぱあ…れろちゅうう….んちゅううぱあ….れろちゅうう….んちゅうぱあ…れろちゅう….んはあ…んうう」

「んうう…はあっっ…んうう….っはあ….んうう…ん….。
うわ、さっそくチンピクしてきた。
んぅ…んう…うわ、さっそくお漏らしですか。
当たり前のようにカウパー漏らすクセ、辞めて下さい。
恋人でもないのにおまんこマーキングしてくるの、最高にキモいので。
んっ…はああ…んうう…。
はあ、またチンピクですか。
ほんと、早漏過ぎて無理。
精子出すのが目的とはいえ、数秒で射精したら興ざめチンポですよ。
ほら、治癒魔法で回復させてあげますから…もうちょっと耐えて下さい。」

「ねえ…いつまでそうやって…むぎゅうって…してるつもりなんですか….。
…誰が好き好んであなたなんかと抱擁するんですか。
ん….っふう…っはあ….もう…ほんと、しょうがない変態ですね。
んっんうう…..っふう……んう。
は、ママみ感じるとか…きも。
何図々しく赤ちゃんプレイ要求してるんですか。
こんだけ潮対応されて、どこにママ要素あるんですか。
こちらは拒絶オーラ全開なんですけど。
….っはあ…ほんと無理。
大自然の中で良い年こいた大人がばぶばぶ甘える構図…客観的に見たらどれだけキモいか。
誰かに見られたら社会的に死にますよ。
ほんとにするんですか、赤ちゃんごっこ。
…はいはい、しょうがないですね。
ほら、添い寝しながら勝手にヘコヘコ頑張りまちょうね、ドマゾの変態。」

「ほんと、ベロチュー好き過ぎでちゅね。
…あったかいねばねば…おちんぽ袋からどくどくうってしてまちゅね。
おしっこ出すとこに、いっぱい気持ちいの溜まってきてます。
はあ…きも。
はいはい、何も言ってまちぇんよお。」

「気持ちい孕ませ汁、お射精できてかっこいいでちゅね。
なんて言うと思いましたか。
正直クソ恥ずかしかったですし、雰囲気に飲まれました…最悪です。
ああ….くそ…冷静に考えたらすっごい恥ずかしくなってきた。
ほんと…嫌いです。
嫌いなのでこのままさっさと寝て下さい。」

「ほら、カウパー垂れてきてるので…治癒魔法…かけてあげます。
ん….何照れてるんですか。
寝ぼけてるからって、恋人だと勘違いしてないでしょうね。
挿れた瞬間射精したら興ざめなので、少し手伝ってあげただけ。
好意があるとか勘違いしないで下さい。
ほら、子作りの朝は早いですよ。
唯一役にたてる仕事なんですから、精々頑張って下さい。」

「必死にしがみついて…メスを孕ませたい欲求ダダ漏れでキモいです。
でも無駄ですから。
むぎゅうって…抱き着きながら動いても…高貴なエルフ様は堕ちませんよ。
カラダは許しても、心まで開く気はありません。
ただ単に義務として射精させるだけです。
どれだけ求めてきても、腰をパンパン打ちつけ合うだけです。
お互いにパコパコ動いてるだけなので…絶対に勘違いはしないで下さい。
んぅ…..はあ…….んふう……ん……。」

「えっ…ちょっいきなり抜かれたら…。
んっっはあ…んううっっ…だめです。
んうう….ああ…ほんとズルい….です。
だって…発情…止まらない…から。
んっっあ…んっっ….だめです….んうう….。
あっっ…しゅき….。
っっ…今のは….違います。
嫌い、嫌いです。
でも挿れてほしい…です。
赤ちゃん…一緒に作りたいです。」

「んっんっんっん….んうううっっ….。
すごいっです…んっっあ….んっんっん….んっきゅっっ…んうっ…..。
あんっ、うんっ、んっ、んうう….しゅき…….。
んはあっっ…ああん….っくうん……しゅきです。
あっあっあ…んう……んうう….しゅきだから…孕ませて….欲しいです。
んっんっんっん….いくっっ….きちゃいっます……。
だめっっです…。
あああんっっ…んぅ…んっんっんっ….んぅぅぅ….。
しゅきっ…しゅきしゅきしゅき…..だいしゅき…..。」

中出しエロ漫画 マグロメイドとしこたまえっち

■概要■

突然の朗報(?)

お屋敷に住む童貞坊ちゃまは、女っけ全く無し。
このままでは世継ぎが生まれない!

そんな中、坊ちゃまの夜伽を買って出たのはクールな年上メイドさん!

クールな目つきはそのままに、四六時中エッチをしてくれるメイドさん!
中出しはもちろん、コスプレやアナルだって受け入れてくれるメイドさん!
クールな目つきはそのままに、言ってることはすごく優しいメイドさん!

こんなエッチなメイドさんはいかがですか?すこしマグロですが・・・。

■内容物■
モノクロ:15p
カラー:2p
計17p
PDF同梱

■発行■
サークル名:からじしぼたん
作 者:牡丹もちと